<< 網走港180107 | main | 網走港180121 >>

道外初!!回収記録180116

 

 

道外初回収記録です!!!

 

2018年1月16日に静岡県で昨年標識放鳥したカワウが回収されました。

 

カラーリング番号:A90

メタルリング番号:13D7985

性不明幼鳥

放鳥日:2017年6月18日

放鳥場所:湧別川コロニー

回収日:2018年1月16日 14:30頃

回収場所:東京海洋大学 吉田ステーション(静岡県榛原郡吉田町川尻1581番地)

移動距離:約1147

回収者:甲斐奈緒子

回収時の状況:足に釣り針が引っかかり、飛び立てなくなっていたところを保護された。釣り針を取った後、ステーション内に放鳥し、約一時間後に飛び立つ姿が確認された。

 

本個体の回収によって、北海道のカワウが本州に移動したことが確認されました。

たぶん?幼鳥は成鳥よりも移動分散する距離が長いと思われるので、北のカワウの主要な越冬地が何処かはまだまだ不確かですが、ゼロがイチになったとても重要な回収記録になりました。

発見し、捕獲し、釣り糸を外して放鳥し、当会及び山階鳥類研究所へ丁寧な報告していただいた甲斐奈緒子氏に心より感謝申し上げます!!

 

 

回収場所の吉田ステーションでは、主に井戸水を使用して淡水魚の養殖を行っており、外の池では教育研究用にニジマスやウナギ、キンギョ、ペへレイが飼育されています。ステーション内にカワウが降りてくることはほぼないですが、周辺の大井川や吉田川には多くのカワウが生息していると回収者から教えていただきました。

【東京海洋大学 吉田ステーション】

https://www.kaiyodai.ac.jp/Japanese/academics/center/yoshida.html

 

 

A90個体にはルアーが絡みついていたことから、周辺でフィッシング中のルアーを獲物と勘違いして幼いカワウが食いついた可能性を個人的に感じました。当会初回収個体も混獲死によるものでしたが、連続して人為的影響を受けた状況で回収された姿を見ると、カワウが生き延びていく道の過酷さを感じずにはいられません。

情報提供 甲斐奈緒子さん、渡辺義昭

回収記録 | comments(1) | -

スポンサーサイト

- | - | -
 
たった1羽に歓喜!でも大きな1羽です。
ご報告の甲斐さん、渡辺さん有難う〜♪
y.murayama | 2018/01/25 16:42
Comment