<< 網走港180121 | main | 網走港180203 >>

久々のリング作り

 

今年に入ってから久しぶりにカラーリングを丸める作業をしました。

連続して熱したリングを持ち続けると、厚手の皮手袋をしていても押さえつける右手親指が低温火傷でじんじんしてきます。

なので少しづつ作業を進め、4日ほどで手元に残っていた140個全部を丸めました。

【参考】カラーリングの作製 2016年1月30日の記事)

【参考】カラーリングの作製◆2016年2月3日の記事)

 

これまでに北海道でカラーリングを標識放鳥したカワウは、2016年30羽、2017年63羽の計93羽になります。

今年も昨年同様に2日間の調査を予定しているので、おそらく60-70個程度のカラーリングを使用すると思います。

なので在庫はあと2年分ですね…。

そろそろ新たなリング購入の資金源を考えなければなりません。

「調査の終わり=金の切れ目 or 情熱の切れ目」

金も情熱も息切れしない程度に私達は地道に頑張り続けたいと思っています。

 

ちなみに最初のカラーリングは北海道バンダー連絡会から資金提供を受けています。

けして安くはない金額を出していただき、心より感謝しています!!

情報提供 渡辺義昭

標識調査 | comments(2) | -

スポンサーサイト

- | - | -
 
あっ、時間の切れ目っていうのもありましたね!

北の厳冬期もあとひと月。
のんびりしていられるのも残り少ないですね?
渡辺義昭 | 2018/02/01 17:13
>「調査の終わり=金の切れ目 or 情熱の切れ目」
ははは・・・
ワタクシはついでに…「若さの切れ目」かしらね。

面倒な作業ホントごくろうさまです!!
y.murayama | 2018/01/31 16:30
Comment