湧別川180529

 

一年前の本日、卵が全て消えたらしい。

 

 

この位の大きさまで育つと雛はふわふわしてて可愛く見える!

個人的にカワウが最も可愛らしい時期だと感じている。そして、その時期は一瞬で過ぎ去っていく。

 

■赤いリングの付いたカワウを探しています!

情報提供 渡辺義昭

センサーカメラ | comments(0) | -

湧別川180528

 

一年前の本日、カメラNo.16の巣では給餌が行われている。

雛はすくすくと育っていく。

 

 

■赤いリングの付いたカワウを探しています!

情報提供 渡辺義昭

センサーカメラ | comments(0) | -

湧別川180527

 

一年前の本日、となりの巣に雛は見えるが、まだ諦めないで抱卵している。

すでに孵化しないことは明確だが、どうやらまだしばらく抱卵行動を続けるらしい。

しかし、それはいつまでも続けられるはずはなく、やがて何かのタイミングで決断し抱卵をやめる。

そして、その日は目前に迫っている。

 

 

こちらは順調。

 

■赤いリングの付いたカワウを探しています!

情報提供 渡辺義昭

センサーカメラ | comments(0) | -

湧別川180526

 

一年前の本日、私は左腕を骨折した。

そして、人生ではじめて入院し全身麻酔で手術した。

そのせいで、昨年の標識調査は2日の予定を1日に短縮し、多くの方々に多大な迷惑をかけてしまった…。骨折は急斜面からの滑落によるもので、完璧に不注意による事故だった。落ちた場所はかなりの斜度だったのに、なぜかその時の私はその場所をアブナイと感じていなかった。本当の危険には「自分自身は気づけない」ということを改めて思い知らされた出来事だった。その後、「生き残った人の7つの習慣:小西浩文」を読むと、同じようなことが書かれていた。

・・今年の標識調査も近くなってきました。木登り調査は危険に満ちているけれど、本当の危険は気づかないところにこそ潜んでいる!ということ肝に銘じて、誰一人(カワウも)怪我なく終えられるよう冷静・確実・迅速に作業したいと思っています。

 

さて、カメラNo.4の巣にはまだ卵が2個見える。

手前の個体がビニール袋だろうか?を引っ張っている。

トビの巣ほどではないが、カワウの巣にも様々なゴミが使われている。

 

 

■赤いリングの付いたカワウを探しています!

情報提供 渡辺義昭

センサーカメラ | comments(3) | -

湧別川180525

 

 

一年前の本日、カメラNo.16の右奥の枝に前年生まれのカラーリング個体が写っていた。

が、この画質と角度では番号はわからない。

 

■赤いリングの付いたカワウを探しています!

情報提供 渡辺義昭

センサーカメラ | comments(0) | -

湧別川180524

 

一年前の本日、カメラNo.4の巣はまだ頑張っている。

 

 

■赤いリングの付いたカワウを探しています!

情報提供 渡辺義昭

センサーカメラ | comments(0) | -

湧別川180523

 

一年前の本日、カメラNo.4左奥の巣は抱雛しているらしい。

 

 

雛が大きくなるにつれて抱雛頻度は減っていく。

 

■赤いリングの付いたカワウを探しています!

情報提供 渡辺義昭

 

 

センサーカメラ | comments(0) | -

湧別川180522

 

一年前の本日、ペアは何を語り合っているのか?

 

 

給餌中。

 

■赤いリングの付いたカワウを探しています!

情報提供 渡辺義昭

センサーカメラ | comments(0) | -

湧別川180521

 

一年前の本日、卵が減ってから卵への関心が増えたのか?

抱卵しようとしているような仕草が増えた印象あり。

左奥の巣はまだ抱卵中の様子。

 

 

■赤いリングの付いたカワウを探しています!

情報提供 渡辺義昭

センサーカメラ | comments(0) | -

網走港190519

網走港:2019年5月19日

 

一昨日の早朝に網走港繁殖堤防のカウントを行いました。

繁殖堤防にはカワウ1365羽523巣とウミウ6羽1巣を確認。

 

この時間帯の晴れの日の調査はもうやめます。

なんてったってこんな逆光ではカウントは無理。当たり前ですが個体は見えないし目が死ぬし。

今回はあちこち移動して、なんとか全ての巣数は抑えられたと思います。

しかし、前回2巣あったウミウが今回1巣しかわからなかったので、おそらく見落としたんだと思います(他にもあったかも・・)。

そしてウミウ(個体)の見落としもあるだろう…。

 

 

オホーツクではシギのカウントもカモのカウントも海鳥のカウントも、だいたいかなり遠いし、だいたい陽炎と戦っているしで常時識別の限界に挑戦し続けている感じです。

もっと楽にカウントできる調査地希望! あぁ・・近くでじっくり鳥を見たい。

 

 

■赤いリングの付いたカワウを探しています!

情報提供 渡辺義昭

繁殖地(人工物) | comments(0) | -